専業主婦だけど借入したい!

専業主婦がお金を借りるには?

専業主婦がキャッシングするにあたって大切なのが、総量規制対象外のカードローンを選ぶことです。この総量規制というのは2010年に改正された貸金業法による借り入れ制限のことです。年収の1/3までしか借り入れすることができないという規制ができたことで、年収が0円となる専業主婦はお金を借りることができなくなりました。

この貸金業法の対象となるのは、消費者金融のカードローンとなっており、プロミスやアコムなどがこれにあたります。一方で総量規制対象外のカードローンも出てきました。これは銀行法に基づいて運営している銀行カードローンです。

銀行カードローンの中でも、専業主婦は融資不可としているケースもあるので注意が必要ですが、会社選びを間違えなければ借り入れすることができるでしょう。ただし、専業主婦がキャッシングするときの条件として、配偶者に安定した収入があることとなっています。配偶者が派遣社員やアルバイトという立場の場合は、借り入れできないケースがあるので夫の年収がある程度あることが条件です。

とはいえ夫の収入証明書はいらず、同意書も必要ないため、配偶者に気づかれることなくお金を借りることができます。専業主婦という立場が成り立っていることからも、ある程度の所得が見込めますし、立場としてはそれほど低いものではありません。ただ申し込み時にウソをついてしまうと、借り入れをしてから問題になったり、全額返済や詐欺罪に問われることもあります。いくら借り入れしたいとしてもウソの申告はやめるようにしましょう。

専業主婦の方におすすめのカードローンが、みずほ銀行カードローンです。大手銀行という安心感もありますし、低金利で借り入れできるため利息の負担を抑えることができます。専業主婦には30万円を借入限度額として融資を認めており、はじめてお金を借りる方にも親切に相談にのってくれます。

主婦にとって毎月のやりくりは大変なもの。上手にキャッシングしてお金のピンチを乗り越えてくださいね。

↑ PAGE TOP