カードーローンの審査とは?

カードローンの審査について

カードローンを利用するときは確実に審査があります。 この審査はカードローンに限らず融資を行う際に必ずあるもので、怪しいサイトなどで見かける「無審査」という事はまずありません。

クレジットカードの現金化など一部の不法なサイトで無審査をうたう事例はありますが、これは無審査と看板を掲げているだけか、融資ではなく他の何かという場合のみです。

この審査においては、一般的に「現在の経済状況」と「信用情報」の二つを確認されると言われています。 現在の経済状況とは収入や今の就業状況、また仕事についた年数や資産状況などです。これらを換算して返済能などを確認するわけですが、注意点としてここでは「収入の高さ」よりも「安定性」を確認するとされています。

判りやすい例としては芸能人が挙げられます。芸能人は収入が高いですが、その収入が続く保証というのはありません。なので、芸能人よりも収入が低いサラリーマンでも通る審査に落ちてしまう事があります。

カードローンとは多少違いますが、そう言った方が高級な不動産などを購入する一つの理由が本人の信用以外で担保となる物を用意したり、不動産収入で安定した収入を確保するためです。

次の信用情報というのは簡単に言えば金融履歴のまとめです。住宅ローンからカードローン、携帯の月賦払いまで借金であればすべて記録されており、その返済状況や過去の滞納履歴、自己破産なども記録されています。

そこに自己破産や滞納履歴などが書かれていると、今度の利用も問題を起こすのではないかと考えられ審査に落とされてしまうのです。 これらの審査基準は会社によってまったく異なるので、断られても別の会社であれば受かる可能性はあります。

この他にも審査の際は、申告が嘘ではないか確認する本人確認の他、反社会的勢力とのつながりや犯罪資金として使われないか確認するという事も行われますが、これらは一般的に生活しているのであればまず問題ありません。

↑ PAGE TOP