キャッシングを利用する時は注意しよう!

キャッシングの目的

本来は余りキャッシングの利用は避けたいところです。金利が高いからです。時間が許せば、銀行の目的フリーローンを利用したいものです。

少額だから良いだろうと思って、キャッシングしてしまうと、もう一度、もう一度となり、結構高額になりやすいです。返済に苦労することになります。

10年前に借りたものは、金利がグレーゾーンに入り返還を求められましたが、現在は金利が高くても17%位なので、返還請求は無理ですし、返済の苦労だけを残すことになります。

以上を踏まえて、キャッシングします。今は誰でも3,4枚はカードを持っているでしょうから、限度額以内であれば、キャッシングできる総額は、結構、高額になります。

先に書いた項目を踏まえて、目的とする額を少額、それもはっきりした返済計画を立てて、キャッシングします。金利が高いですから、多少無理しても、返済期間は短くします。

他にも、家賃とか、スマホ料金とか、リボ払いにしているものもあるでしょうから、自分の給与に合わせた多少無理した返済計画が必要となってきます。 これらのどれかが滞ったりすると、将来、重要な住宅ローンとか、教育ローンの借入に不安を残すことになります。

将来、借り入れたい住宅ローンや教育ローンに禍根を残さない為に、安易なキャッシングの利用には注意を払う必要があります。 カードは非常に便利なもので現在のインターネット社会には、欠かせないものとなっていますが、自分の預金残高を考えない使用は非常に危険です。

カードの使用は必要最小限のものに抑えることが重要になってきます。安易なカード使用に陥ることなく、時間が許すのであれば、利息の安い銀行のローンを使用することを、お勧めします。

銀行のローンでも返済が滞ってしまうと、カードの滞りと同じになり、本来の目的の住宅ローンや教育ローンが借り入れられない事態を引き起こすので、同じように返済計画には注意が必要です。 ただ金利が安い分、返済計画にゆとりが持てます。くれぐれもキャッシングの利用には注意が必要です。

↑ PAGE TOP