消費者金融:審査に通らない理由とは?

消費者金融:審査に通らない理由とは?

キャッシングを利用するためには先に審査を受けなければならないのですが、この審査に落ちてしまったとしても、なぜ落ちたかという明確な理由は教えてもらえません。

「ご希望の借り入れ金額に対する年収が当社の基準よりも少ないようなので…」というように具体的に教えてもらえれば、希望金額を少なくして申し込むこともできるのですが、何をどうすれば審査に通るかわからないというのは非常に厄介です。

そこで、一般的に審査に通らない理由はなんなのかご紹介しましょう。


まず、審査をする際にかなりのマイナス評価になってしまうものが3つあります。

1つ目が長期の返済延滞。 延滞が2回以上あった場合もこれと同じ扱いになるのですが、他社で過去に2~3ヶ月の延滞があった方は審査が厳しくなります。

2つ目が強制解約。 これは、支払いが滞ったりした際にキャッシング業者側から強制的に契約を解除されてしまうことをいいます。

矯正解除されたあとは、その業者のキャッシングを利用することはできないのですが、信用情報として残ってしまうので他の業者でキャッシングに申し込んでも審査に通りにくくなるのです。

3つ目が、借金を減らしたり免除してもらうために債務整理をした場合。 自己破産の他、任意整理や特定調停、個人再生などの方法がありますが、このうちどれを選択したとしても他の業者では審査に通りにくくなります。

これらの理由に該当しないのに審査に通らないという方は、収入に対する希望融資額が多すぎたり、信用情報に何らかの問題がある可能性が考えられるでしょう。他にも数社に対してキャッシングの審査を申し込んでいたりすると、かなりお金が足りない人=返済してもらえるか怪しい人という扱いになってしまいます。

どうしても審査に落ちる原因が思いつかないということであれば、自分の信用情報をチェックしてみてはどうでしょうか。

日本では株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターという3社が信用情報を管理しているので、これらに情報の開示をお願いすれば自分の信用情報がどうなっているのかチェックできます。

失業中でもキャッシングは可能?

キャッシングといえば、基本的に安定した収入があるのならばパートやアルバイトでも申し込みが可能です。 しかし、失業中の場合はどうなのでしょうか。 お金がないからこそキャッシングに頼りたくなりますよね。

ですが、残念ながら失業中にキャッシングの審査に通ることはないと思ったほうがいいでしょう。 というのも、キャッシング業者はなにも好意でお金を貸してくれているわけではありません。 ビジネスとして成り立つからこそお金を貸してくれるのです。

そのため、貸したお金が返ってこないとなると大変ですよね。そこで、事前に審査をして、この人ならば確実にお金を返してくれるだろうと判断できた人に対してのみ融資を行うのです。 では失業中の人はどうかというと、当然ながら確実にお金を返してくれる人という判断はできません。

こういった場合は、まずは正社員ではなくてもいいので仕事に就くことが大切です。 多くの業者では「安定した収入があること」を条件としているため、働き始めてすぐは審査に通りにくいのですが、それでも失業中に申し込みをするより通りやすいと言えます。

最低でも1ヶ月以上は勤務をしてからキャッシングの申し込みをしたほうがいいでしょう。できることならば半年は勤続してから申し込みをしたいところです。

最後に注意しなければならないこととして、「無職でもOK」というような宣伝文句と共にキャッシング業者の広告が街に貼られているのを見かけたことがある人もいるかもしれません。 最近はインターネット上でもこういった広告があるようです。

ですが、先に紹介したようにまともなキャッシング業者であれば失業中の方に融資を行っていません。つまり、無職でもOKと宣伝している業者はなんとしてでもお金を取り返す自信がある業者だということ。当然ながら悪質な取り立ても考えられるでしょう。

大きなトラブルに巻き込まれてしまうことも考えられるので、こういった業者からお金を借りるのは危険です。

キャッシングはいくらから利用できる?

どうしてもあとほんの少しだけお金が足りないということもありますよね。 例えば、明日給料が入るものの、今日食べるものが何もないというケースもあるでしょう。

キャッシングを申し込もうと思っているものの、数十万円単位でしか貸してくれないのなら申し込むのをためらってしまうという方もいるはず。ですが、実はキャッシングは1万円からでも借り入れが可能なのです。

必ずしも数十万円という大きな借り入れをしなければならないというわけではないので、本当にあと少しだけお金が足りないという時でも役立てることができるでしょう。

消費者金融の中には千円からでも借り入れが可能なところがありますが、そういった少額の融資に対応しているところは稀です。

1万円であれば大した金利もつかないわけなので、借りてすぐに返すという前提で使うのもいいでしょう。ただ、1万円程度の借り入れをするためにキャッシングを利用するよりも、まずは家族や友人に借りられないかお願いしてみてはどうでしょうか。

しかしながら、家族や友人にお金がないことを知られたくない、どうしても相談したくないという人もいますよね。そういった場合はキャッシングを利用するのもいいでしょう。

実際に、ほんの数日後に給料日があるものの、それまでの生活費を工面するためにキャッシングを利用するという方もいるようです。他にも、奥さんに追加のお小遣いをくれと言えないお父さんがキャッシングで次の給料日までのやりくりをすることもあります。

少額を借りる際にもキャッシングはとても便利なものではありますが、一度借りると借りることが癖になってしまうことが多いです。こういったことも考え、お金が入ったらすぐに返済をするように心がけましょう。

徐々に金額が増えてしまい、気付いたら数十万円、数百万円という借金を背負っていた方は珍しくありません。こういったことにならないように、自分の収入に見合った金額だけを借りるというのも大切なことです。

借入に関するQ&A

初めてキャッシングを利用するという方は、わからないことがたくさんありますよね。 そこで、多くの方が疑問に感じることとその回答をご紹介します。


・個人事業主でも消費者金融からの借り入れは可能?

サラリーマンなどに比べると審査は厳しくなりますが、個人事業主であったとしても消費者金融を利用することは可能です。 ただ、消費者金融では「安定した収入がある人」に対してしか融資をしてくれないため、個人事業主である場合は経営が安定していることを証明する必要があります。

そのため、本来であれば50万円以上の借り入れを希望した場合にしか提出を求められない収入証明を少額の借入でも求められることもあるようです。


・消費者金融のカードを持っているだけでなにか不利になることはある?

消費者金融のカードを持っているけれど、既に完済が終わっているという方もいるでしょう。 こういったケースでは、ただ持っているだけでなにか不利になることがあるのか心配になりますよね。

不利になることがないのならばいつかお金に困ってしまった時のために持っておきたいと考える人もいるはずです。 しかし、これは言ってしまえば借りる気になればいつでも借りられる状態であると判断できます。

そのため、利用していなかったとしても借り入れとして判断されてしまうことがあるわけです。 なにかの審査で不利にならないとは言い切れないので、使わない消費者金融のカードがあれば解約するといいでしょう。 解約をしたあとは5年経つと信用情報からも情報が消えます。


・妻や夫に借り入れがバレることはある?

これは自分で言い出さない限りバレることはないと言えます。 ただ、消費者金融のカードを持っていることが知られてしまい、そこからバレてしまったというケースはあるようです。 家族に知られたくないということであれば、利用明細なども郵送ではなくWEB上から確認できるようにするなど、対策を取っておいたほうがいいでしょう。

このページの先頭へ